単衣着物が不要になったら買取サービスがお勧め

単衣着物を購入したもののそのまま箪笥の奥にしまったまま数年が経過してしまったという経験がある方もいらっしゃると思います。めっきり和服を着る機会が減ってきている現代では、不要になってしまった単衣着物の処分に困ってしまうということもあります。そこで便利なのが単衣着物の買取サービスを活用するという方法です。

単衣着物の買取サービスというと耳慣れない言葉ではありますが、今では全国展開している買取店もありますし、宅配で査定や買取りをしてくれるサービスもありますし、自宅まで出張して査定をしてくれる店舗もありますので、非常に身近に感じられるようなサービスとして定着してきております。宅配査定を行う際には宅配キットとして発送するだけで利用できるサービスもありますので、荷造りも非常に手軽に利用することができるのです。

また、近所のリサイクルショップなどではただ同然の査定であった単衣着物も、専門家の査定によって高額査定になることもありますので、大切な和服を処分されるという時には、経験と実績が備わっている専門店で依頼をするということが重要になります。さらに口コミサイトなどで評判の良いサービスを事前にリサーチしておくというのも欠かせない要素になってきます。
参考:着物について語りませんか?

日本の伝統文化・友禅着物なら高額買取が可能

友禅染めは、江戸中期・元禄時代の扇絵師であった宮崎友禅斎によって完成された日本の伝統文化です。現在、模様をプリントしたものも友禅と呼ばれて販売されていますが、本来手書きのものこそが友禅染めなのです。特徴としてはプリントものにはない鮮やかさがあり、外から内側向かって淡くぼかしが入るなどの技法が使われています。

この友禅染めの着物には種類がありますが、それは京都で染められた京友禅、金沢市の加賀友禅、そして東京の江戸友禅です。これらの着物でしかも手書きであれば、多少の変色があっても高い価値があります。手書き友禅の着物には、独特の糸目糊によって模様の輪郭を際立たせてあり、大変美しいものです。真糊糸目友禅着物とも呼ばれ、買取専門店では高値が付けられます。

高価買取のためには、着物の品質を保証する証紙がある方が望ましいのですが、大手の買取店であれば証紙がなくても取引されます。新品であったり、仕付けが付いたままの未着用なら、なおさら良い値が付きます。人間国宝の有名作家の手によるものは希少価値が高く、伝統工芸品である紬には需要もあります。仕立て直しが可能な身の丈サイズの着物であれば、高額買取が可能でしょう。
参考:高価な着物に詳しい方、お願いします。

喪服の着物の高価買取店舗を見つける方法

喪服が必要になったときに着物を新調したという方も多いと思います。しかし、喪服自体頻繁に使用するものではありません。黒喪服【正装】 : 意外と知らない?着物の種類とTPO?をご覧ください。現在の日本では着物も着る機会が激減してきておりますので、購入後に全く気ないまま不要になってしまうということがあります。しかし高級な着物になりますと保存状態が良ければ高値で買取ってくれる店舗がありますので、不要になったからと言って捨ててしまうのではなく、買取査定に出してみるというのも大切になってくると思います。

自宅近くに和服店が無い場合は喪服や着物の買取店舗を見つけることが難しいと思いますが、最近ですとネットショップとして喪服着物の買取査定をしているところも増えてきておりますので、ネット検索で探してみるというのもおすすめです。数多くある買取店舗の中でも無料宅配査定を実施している所や、無料出張査定をしている店舗もありますので全国エリアで希望に合ったサービスを見つけることができます。

和服の買取となると身近に利用するサービスではありませんが、意外と高価な査定価格が付くことがありますので、ただ捨ててしまうというのではなくプロの視点から査定をしてもらうということも検討してみることが重要です。

着付けが面倒な着物を買取してもらいましょう

着物を持っていても、着付けが面倒なので着ていく用事がなければ使わないということはありませんか。使う予定は絶対にないとしても、捨てるのはもったいないです。着物の着付けは簡単にできるものではないので、着付けができる知人がいなければ譲ることもなかなかできません。

今後使わないとわかっているのなら、着付けが面倒な着物は買取してもらった方が良いと私は考えます。

未使用、汚れがない、有名作家の作品、有名産地の作品という要素が高く買取してくれる要素ということは、着物に詳しくない人でもわかると思います。実は正絹であること、丈が長いという要素も高く買取してくれる要素です。低い買取価格になるもしくは買取価格がつかない要素は、汚れや傷みがひどいことは当たり前ですが、喪服、黒い無地のもの、ウールやポリエステルであることが該当します。

着物を売ると、帯、足袋、草履などの和装小物が必要なくなります。着物を売りたい人は、着物と一緒に和装小物を査定に出すことをおすすめします。一緒に査定に出す理由は、和装小物自体に高い査定価格はつく可能性は低いですが、まとめて査定に出すことで、着物の査定価格が高くなるという場合があるからです。
http://www.kimono-ya.com/